コディナとは

コディナとは

 

“肌につけるもの、食するもの、そのすべてがナチュラルでなければならない”

ミシェル・ポベダ


植物油のオーソリティー、ミシェル・ポベダ氏の想いがたっぷりつまった“こだわりの石けん”から始まったコディナの物語

豊かな水をたたえてフランスの中央部をたおやかに流れるロワール河。流域には中世の古城が点在し、ぶどう畑が広がる美しい田園地帯は、フランスでもっとも豊穣な地方として、古くから多くの人に愛されてきました。

そんなサントル・ロワールの小さな街ビエルゾンで、コディナがコスメティックブランドとして産声をあげたのは1994年のこと。ロワールの大地の恵みをたっぷり受けた自然の素材を使って、手づくりに限りなく近い石けんをつくりたい…。創始者、Michel POBEDA(ミシェル・ポベダ)氏のこうした想いからコディナは誕生しました。


ケミカルな素材を一切使わない石けんがフランスにほとんどないことを大変残念に感じていた植物油の権威、ミシェル・ポベダ氏。植物油の搾油に長く携わっていた彼はその経験を生かし、 数年にわたって研究を重ねた結果、ようやく理想の製品をつくることに成功しました。

こうして“こだわりの石けん”から始まったコディナ。その後、シアバターやアルガンオイルなどが次々と生み出され、現在、厳しい審査で有名なフランスのオーガニック推進団体「ナチュール・エ・プログレ」の認証ラベルを取得するなど、安全性の高い製品として大きな信頼を得ています。

>> ナチュール・エ・プログレについて

 

植物油のオーソリティー、ミシェル・ポベダ氏の著書


200種以上もの植物油についてまとめられた書籍。エッセンシャルオイルではなく植物油について書かれたものは世界初。ELLEの発行元としても知られているアシェット社系列のマラブー社より2011年9月発行。フランス語。



 

フランスのコディナ社

   

オーガニックの認証取得

ナチュール・エ・プログレの認証ラベルが信頼の証です。

コスメ先進国であり、オーガニックのニーズも高まっている日本ですが、残念ながら、オーガニック化粧品としての認定制度はまだありません。

コディナの製品は、フランス有機農業推進団体『NATURE & PROGRES』(ナチュール・エ・プログレ)の認証ラベルを取得しています

ナチュール・エ・プログレからの認証を得るには、原料についての検査だけではなく、周囲の環境保護や添加物の禁止など、数々の厳しい項目をクリアしなければなりません。このラベルのついた商品は、EU諸国の消費者団体などからも大きな信頼を得ています。(認証マークを付与されているオーガニックコスメは世界で20社のみ。)

ナチュール・エ・プログレでは、
  1. オーガニック原料を使用
  2. 梱包材は、バクテリア分解されるか、リサイクル可能なものを使用
  3. 石油系の合成成分((パラフィン、シリコン、PEGなど)不使用
  4. 動物実験不実行
  5. 動物性由来の成分は不使用(但しオーガニック成分で成育された次の製品は除く)
    - ミツバチから取得された製品(はちみつ、ロイヤルゼリー、プロポリス、蜜蝋)
    - 乳製品(牛乳、乳プロテイン、乳清、バターミルク)
    - 卵系製品(卵、黄身からの抽出物
    - ニッケル3不使用のラノリン(羊毛脂)
  6. 合成物質による香料、着色を含まない
  7. パラベン或いはフェノキシタノールの様な合成保存料を排除
  8. 遺伝子組み換えの成分を不使用
  9. イオン化加工を不使用

など、独自の厳しい安全基準を定めています。

パリのコディナ ショップ



パリ15区のブティックが立ち並ぶコメルス通りから一本入ったヴィオレ通りに、コディナのショップはあります。
この辺りは学校もある閑静な住宅街で、日中はヴィオレ教会の鐘の音が聴こえてくるのどかな一角。

ソープからスキンケアまで幅広い品ぞろえのショップには、オーガニックな暮らしにこだわる若い方や長年愛用している年配の方まで多くの人が訪れます。なかでもコディナならではの高品質なシアバターが人気だそう。

>> コディナのオフィシャルサイトはこちら